債務整理のこと

IMG_3881

なかなか債務整理しなかった理由の1つに、新しくクレジットカードが作れないというのがありました。


キャッシュレス時代なのにクレジットカードがないのはちょっと困る・・・



そう思ったので任意整理を選んで楽天カードを残したのにいきなり強制退会になって、なんとクレジットカードが1枚もなくなりました。




ショック( ̄∀ ̄)


新しくクレカは作れないし・・・


現金だけで生活するのが1番いいのはわかってるけど、やっぱりクレカがないのは困る!


ということで、デビットカードを作ることにしました。


デビットカードは、カード決済すると連携している銀行からダイレクトにお金が支払われます。


銀行に残高がないとカードとして機能しませんが、それ以外は本当にクレジットカードと何も変わりません。




といっても、スーパーで初めてデビットカードで決済する時は本当に使えるのか不安でしたけど、クレカと同じようにあっさりと決済できたのでホッとしました。


よかったー♫


それ以来ずっと、デビットカードを愛用しています。


あんなに悩んでいたけど、デビットカードを使ってみると、クレジットカードがなくなる不安は無用だったなぁと思いました。




長い間クレジットカードにも依存している状態だったので、なくなることが怖かったのかもしれませんね。



それに、ローンが組めなくなるのも何かあった時に困る・・・と漠然と思っていました。


でも、よく考えてみたら何があるんだか・・・(笑)


借金癖が抜けないから、ローンを組むことが前提になってるんでしょうね。




債務整理のデメリットは・・・

・新しくクレジットカードが作れない
・ローンが組めない
・完済しても、その後5年程度ブラックリストのまま


このデメリットが異常なくらい恐怖だったけど、多重債務になって延滞もしてたから、元々新しくクレジットカードなんて作れないしローンも組めなかったから、結局同じだったことに気づいていませんでした。



債務整理してもしなくてもブラックなのは確実なんだから、デメリットに悩む必要なかったってこと。


バカだな~(笑)


完全に頭ん中がお金に支配されて崩壊していましたね。





デビットカードにしてから思うのは、使い過ぎ防止になるしクレカがない不便さを感じないってこと。




クレジットカードは支払いを先送りにするだけであって、一時的に借金をしているんですもんね。


わかっちゃいるけど、いつもお金がなかったからクレジットカードがないと食料品も買えなかったし、次の月に払うから借金している感覚がありませんでした。


クレカは手元にお金がなくても買い物できるから便利に感じるけど、多重債務者には危険すぎます。





デビットカードは、通帳にお金がないと買い物ができないので、お金の管理も必然的にやるようになりました。


お金がなければ使わない。


簡単なことです。


でもこれが、借金癖がついてると難しいのが現実。



2度と借金しない!とどれだけ誓っても、習慣が変わらないとまた借金をしてしまう確率が上がってしまいます。




頭でわかっていても、その習慣をどうやって変えたらいいのかわからないのが正直なところ・・・。


2度と借金しないと決断する・・・という精神論だけでは「借金依存症」から抜け出せませんでした。



なので、強制的にクレカがなくなるのはデメリットじゃなかったと思います。


家も車も残ってるし、毎日返済の事を考えなくてもよくなったし、クレカがなくても不便じゃないし、家計管理もできるようになったし・・・。



なにより普通に生活が出来ることが嬉しく感じてます。



自転車操業でいつまでも借金が減らずに長い時間を過ごすより、債務整理して完済期日が決まっていたほうが、早くブラックから抜け出せるしね。




まだまだ返済の日々は続くけど、予定より早く完済できたーって報告できるように頑張ります。




こちらも合わせてどうぞ↓ ↓










ポチっとしてもらえたら嬉しいです♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

債務・借金ランキング






IMG_3879

10年以上もの間借金返済に追われていましたが、その間に何度も「債務整理」することを考えてはやめるということを繰り返していました。


なぜ「債務整理」することを躊躇ったのか・・・?


それは、こちらの勝手な都合で散々お金を借りておいて、払えないからという理由で逃げてしまうなんて無責任で卑怯だ!と思っていたからです。


自分がしたことの責任を取らないのは、自分勝手すぎる。


頑張らないから借金が返せないんだって自分を追い込んでいました。

悪いのは自分だと・・・


昨年、どうにもならなくなって債務整理をしましたが、債務整理をした後しばらく罪悪感がありました。


逃げてしまった感覚になっていたんですね。


でも、本当に債務整理するのは逃げなんだろうか?


最近は、そう考えるようになりました。


自己破産は、返済しない代わりに車や家などの財産がなくなります。


私が選んだのは任意整理ですが、これはこの先の利息をストップしてもらい、毎月の支払い金額を下げてもらって残金を支払っていきます。


なので、借金を返さないというのには当てはまりません。


貸金業者は利息が生業なのでこの先は利益にならないですが、債務整理するまでの間は利息を払っていたので損はしていないと思います。


そう考えると、債務整理することは逃げではない!と思えるのです。


自己弁護かもしれませんが・・・







この本を読んだ時に、やっぱり債務整理したのは正解だったと改めて思いました。



借りるだけ借りて債務整理すればいいや!と思ったわけではありません。


すぐに返せると思って軽い気持ちで借金したのは事実ですが、苦しい思いをして返済してきました。


なんとかちゃんと完済しようと頑張ってきたのですが、もう限界だったのです。



ただ、せっかく債務整理してもまた借金してしまったら、あの苦しい生活に逆戻りですけどね。



なのに、一度は完済した経験があるにも関わらずまた多重債務になってしまったので、正直自分に自信がありませんでした。


でもこの本は、そんな私の気持ちを見透かしたかのような内容が書かれてたので、とてもスッキリしました。









今返済している金額を貯金していたら、5年後には500万円近くたまっていることになります。


なんて借金ってバカバカしいんだろう・・


今まで借金した金額が全部貯金だったら、今頃かなりの貯金額になっていますよね(笑)


今は返済しながら貯金ができたらいいなと思って試行錯誤しています。



借金返済で苦しんでいた時間が、お金を貯める楽しみに変わったのは債務整理をしたからです。


生活に支障なく返済できるのなら問題ないかもしれないけど、家計が破綻して精神的に追い込まれているなら、まず専門家の弁護士か司法書士に相談してみるだけでも未来が変わると思います。



債務整理は逃げではないから・・・





ポチッとしてもらえたら嬉しいです^ ^

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

債務・借金ランキング







IMG_2720

夫の借金癖に悩んでいる妻は、私が思っている以上にたくさんいるんじゃないかと思います。

私も夫の借金が原因とはいえ多重債務者になってしまったので、借金癖がついてしまった一人です。


この借金癖ってとても厄介で、返済期日が近づくと精神的にも金銭的にも追い込まれてどうしようもなくなり、その苦しさから逃れるためにまた借金を繰り返してしまう・・・という一瞬の快楽に似た感覚を覚えてしまうので中毒性が高いんですよね。



1度楽を覚えてしまうと、もう1度・・・あと1回・・・これが最後・・・とダメだとわかっていてもやめられなくなって気がつけば借金癖がついてしまい、返済できないほどの借金になってしまいました。


でもよく考えてみたら、夫が借金をしていなければ私は借金をする必要がなかったんですよね。


私が多重債務になってしまったのは、夫の借金が発覚した時の判断を間違えたのが原因です。


借金の肩代わりという1番してはいけないことをしてしまいました。


夫に借金が発覚した場合、1番いい方法は夫自身に借金の返済をさせることです。


家族だから・・・といって、借金の肩代わりをする必要はありません。


というか、肩代わりしてしまうと借金が増えるだけです!!

※返済の1部でも払ってしまったら肩代わりです!





夫の借金が発覚した時に妻がまずすることは・・・

・借金の総額
・借金の理由
・毎月の支払額


これを夫と一緒に書き出すことです。


そして、支払い分を夫がどうやって稼ぐか考えるだけ!


1つの仕事で足らないなら、仕事を掛け持ちすればいい。

2つの仕事で足らないなら、3つ仕事をすればいい。

夫が、支払い分稼いでくるのは当たり前のことです。


だって、夫の借金ですから・・・。



それが嫌なら、2度と借金をしないことですよね?


夫がしたことの尻拭いは、夫がしなければなりません。

妻が尻拭いをしてしまうと、夫の借金癖を治すことができないんです。




我が家の場合、最初に借金が発覚した時の金額は3,000万円もありました。

合わせて読んでください→「聞きたくなかった借金の総額」


家が1軒建つほどの金額に途方にくれました。


そして、返済で首が回らないのに従業員を雇って事業なんかしていたから、経費も給料も払えない状態で私名義で借金をする羽目になったんです。


従業員に給料が払えないのはいけない・・・と思って私が借金してしまったんだけど、ここで私が借金しなければもっと早くに事業をやめることが出来たとも思います。


そうしていれば、新たな借金が増えることはありませんでした。




3,000万円の借金は、元嫁や友人から借りたものを除くと1,000万円ほどでした。


その1,000万円の借金を債務整理して(時効になっていたものもある)230万円にまで減らしました。


でもこれは夫名義の借金です。

私が肩代わりしていなければこの230万円で済んだはずなのに、私名義の借金は430万円残っていました。

合わせて読んでください→「現在の借金事情と夫婦の関係」




夫の借金が発覚した時に肩代りさえしなければ・・・とどれだけ思ったかわかりません。


それ以上に、結婚する前に借金ことを知っていたら・・・と悔やまれてなりません。

でも、結婚前に借金を知ったとしても、この時の私はきっと肩代わりをしてしまっただろうからあまり変わらないですね。



今までは、私も仕事をしていたので生活費も私名義の返済もしていたのですが、私が肩代わりするのをやめて専業主婦になったので、夫が生活費と借金の返済をしています。

合わせて読んでください→「専業主婦になるまでのこと」



今現在の生活になるまでもいろいろとありましたが、債務整理をして金銭的にも精神的にも少し余裕が出来たので、最近は落ち着いた毎日を過ごしています。




家族だから・・・生活があるから・・・という理由で夫の借金を肩代わりしてしまうと、余計に家計が苦しくなるんだと身をもって痛感しています。


夫の借金が発覚しても絶対に肩代わりをしてはいけません!!


もし今肩代りをしてしまっている人がいるなら、即座にやめることをおススメします!



夫の借金は夫の問題



借金癖はなかなか治りません。

なので、肩代わりしてしまうと借金癖を治すチャンスもなくなってしまいます。


我が家の夫の借金癖が治ったわけじゃないけど、以前と違って聞く耳を持つようになりました。


これだけでもかなり進歩だと思っています。


まだまだ借金の返済は続くけど、この先2度と借金をしないために肩代わりするのをやめてよかったと思っています。


借金を肩代りしても、借金問題は解決しません。


肩代りするくらいなら、債務整理を一緒にしてあげるのが1番いい方法じゃないかと思います。





ポチッとしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村 
  

IMG_2532
月末のATMでの出来事です。

1人の女性がATMを占領していたのが気になって、順番待ちをしながら眺めていました。


キャッシュカードを取り出しATMの機械に入れて操作をすると「ピピーッ、ピピーッ」という音が鳴ってキャッシュカードが戻ってきていました。

何度も何度も・・・・。


何度も戻ってきてたのは1枚のキャッシュカードじゃなくて、何枚ものカードでそれを繰り返していたためです。



その光景を見た時に「ちょっと前までの私と同じだ・・・」と思ってしまいました。


その理由が私と同じだなんて決めつけたら失礼かもしませんね。


全く違っていたらごめんなさい。


でも、

口座に少しでもお金が残っていないだろうか・・・。
キャッシングに借入残高が残っていないだろうか・・・。

とにかくお金をどうにかして用意しなければならず、ATMでこそこそと残高照会をしていたのはつい最近までのこと。


その時と全く同じ光景だと思ってしまったんです。


この女性も多重債務になってしまったんだろうか・・・。


そんな勝手な想像が頭をよぎってしまい、見ているこっちがドキドキしてきてなんとも言えない気持ちになっていました。


そうしたら、女性がすごく慌て出して「えっ?えっ?」と言いながらキョロキョロしていたのでどうしたのかと思ったら、どうやら入れたカードが機械に飲み込まれてしまったようでした。


私もキャッシュカードを入れたらすぐに画面の操作ができず、カードが戻ってこなかった経験があります。


私がカードが戻ってこなかった理由は、カード会社がもうこれ以上貸しませんから、カードを没収します!ということでした。(確か画面の表示には、カード会社にご連絡くださいと書いてあったと思います)



自転車操業で、支払いも遅れがちだったのでカードを没収されても仕方ないと思います。


でも、なんの前触れもなく機械にカードが飲み込まれてしまうと、何が起きたのかわからずパニックになりますよね。



請求書で確認した時には借り入れ残高があったから、すごく損をした気分にもなっていました。

まだ借りれたのに・・・って。



その女性のカードがなぜ戻ってこなくなったのか理由はわかりませんが、機械の横にある電話?でやり取りをしている様子を見ていたら、やっぱり私と同じなんじゃないかと思ってしまいました。


結局、その女性は電話でやり取りをした後その場を去ってしまいましたが、なんだか私までやりきれない気分。


もし本当に私と同じように多重債務で、どこからもお金が借りれない状態だったとしたら・・・


大きなお世話だと思いながら、でもやっぱりどうなったのか気になってしまいます。


お前に言われたくないわ!って思われそうですが。



もしかしたら、今のこのコロナ騒動で借金をしてしまった人がいるかもしれません。


私みたいに元々借金があって、コロナの影響で返済が難しくなった人もいるかもしれません。


今私は昨年任意整理をして、返済額が半分になったからなんとかなってますが、あの時任意整理をしてなかったら、どこからもお金が借りれなくて生活も出来ず、税金も払えなくて差し押さえになってたかもしれません。


ATMで見かけた女性がその後、どこかに相談できてたらいいなと思いますが、なかなかお金の相談って出来ないんですよね・・・。


なんでだろう?

私もそうでしたが、極限まで頑張ってしまう心理は未だに解明できません。


もっと早くに誰かに相談していたら、もう少し早くに楽になってただろうに。


今だから言える事ですが、返済に追われている時は誰かに相談するという発想さえできない程、頭の中がお金に支配されているんですよね。


でも、それにも気づけないんです。



その心理は本当に謎です。


余談ですが、「カードローン比較研究会」というサイトに、このブログを掲載していただきました。

サイトはこちらです↓ ↓ ↓



このブログだけじゃなく、借金をしている方のいろんなブログが紹介されています。


身近な人に借金の相談はなかなかできません。


でも、同じ経験をしている方のブログは参考にもなるし、少し救われた気分にもなれますので、よかったら読んでみてください。


借金をしていない人から見たら傷の舐め合いにしか思えずバカバカしいでしょうけどね。


誰にも相談できず1人で抱え込んでいるのは本当に苦しいので、悩みは解決しないかもしれないけど息抜きにはなりますよ!



あの女性の目にも止まるといいな・・・





ポチッとしてもらえたら嬉しいです♫

  にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ    








アヴァンスレディース


IMG_2407
任意整理してから2回目の振り込みでした。

5社合計67,500円。


任意整理をする前は14万円の返済だったので、ずいぶん楽になったように感じます。


特にリボ払いの返済は、払っても払っても残金が減らなくて心が折れそうでしたが、今は返済した分ちゃんと残高が減っていくのでホッとしています。



月末の支払いをする日の朝、夫が弁済計画書を眺めていました。

何を思いながら見ていたんでしょうね。

しばらく眺めた後「返済金、お前の口座に振り込んでおくから・・・」と言って仕事に行きました。



弁済金の振り込みは、三菱UFJ銀行のネットバンキングで振り込みをするのと、楽天銀行から振り込みをするのと分けています。


1社だけ振込先が三菱UFJ銀行なので、同じ銀行だと手数料が無料です。


それ以外は、楽天銀行から振り込みをしてポイントで手数料を払います。

楽天銀行の振り込み手数料の方が少し安いですしね。


あ!


ちなみに、夫は振り込み手数料分まではくれません。笑


そこまで考えていないと思います。


でも、2回目の振り込みになってやっと弁済計画書を見るようになっただけ進歩ですね。


まだまだ先は長いし、コロナで仕事が減ってどこまで返済に影響するかわからないけど、このまま完済まで何事もなく返済ができる事を願うばかりです。


60歳過ぎてまで借金の返済に苦しみたくないですから。


それにしても、月末に金策に走り回らない生活が出来るだけで、すごく幸せに感じます。


ちっちゃな幸せですけど、月末が近づく度に生きた心地がしなかったから。


これで借金も全て完済したら、本当に穏やかな日が過ごせるんだと思います。

今はまだ全く想像もできないけど。


早く穏やかな生活になりますように!




ポチッとしてもらえたら嬉しいです♫

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ  






岡田法律事務所

↑このページのトップヘ