IMG_3879

10年以上もの間借金返済に追われていましたが、その間に何度も「債務整理」することを考えてはやめるということを繰り返していました。


なぜ「債務整理」することを躊躇ったのか・・・?


それは、こちらの勝手な都合で散々お金を借りておいて、払えないからという理由で逃げてしまうなんて無責任で卑怯だ!と思っていたからです。


自分がしたことの責任を取らないのは、自分勝手すぎる。


頑張らないから借金が返せないんだって自分を追い込んでいました。

悪いのは自分だと・・・


昨年、どうにもならなくなって債務整理をしましたが、債務整理をした後しばらく罪悪感がありました。


逃げてしまった感覚になっていたんですね。


でも、本当に債務整理するのは逃げなんだろうか?


最近は、そう考えるようになりました。


自己破産は、返済しない代わりに車や家などの財産がなくなります。


私が選んだのは任意整理ですが、これはこの先の利息をストップしてもらい、毎月の支払い金額を下げてもらって残金を支払っていきます。


なので、借金を返さないというのには当てはまりません。


貸金業者は利息が生業なのでこの先は利益にならないですが、債務整理するまでの間は利息を払っていたので損はしていないと思います。


そう考えると、債務整理することは逃げではない!と思えるのです。


自己弁護かもしれませんが・・・







この本を読んだ時に、やっぱり債務整理したのは正解だったと改めて思いました。



借りるだけ借りて債務整理すればいいや!と思ったわけではありません。


すぐに返せると思って軽い気持ちで借金したのは事実ですが、苦しい思いをして返済してきました。


なんとかちゃんと完済しようと頑張ってきたのですが、もう限界だったのです。



ただ、せっかく債務整理してもまた借金してしまったら、あの苦しい生活に逆戻りですけどね。



なのに、一度は完済した経験があるにも関わらずまた多重債務になってしまったので、正直自分に自信がありませんでした。


でもこの本は、そんな私の気持ちを見透かしたかのような内容が書かれてたので、とてもスッキリしました。









今返済している金額を貯金していたら、5年後には500万円近くたまっていることになります。


なんて借金ってバカバカしいんだろう・・


今まで借金した金額が全部貯金だったら、今頃かなりの貯金額になっていますよね(笑)


今は返済しながら貯金ができたらいいなと思って試行錯誤しています。



借金返済で苦しんでいた時間が、お金を貯める楽しみに変わったのは債務整理をしたからです。


生活に支障なく返済できるのなら問題ないかもしれないけど、家計が破綻して精神的に追い込まれているなら、まず専門家の弁護士か司法書士に相談してみるだけでも未来が変わると思います。



債務整理は逃げではないから・・・





ポチッとしてもらえたら嬉しいです^ ^

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村

債務・借金ランキング







スポンサーリンク