IMG_2720

夫の借金癖に悩んでいる妻は、私が思っている以上にたくさんいるんじゃないかと思います。

私も夫の借金が原因とはいえ多重債務者になってしまったので、借金癖がついてしまった一人です。


この借金癖ってとても厄介で、返済期日が近づくと精神的にも金銭的にも追い込まれてどうしようもなくなり、その苦しさから逃れるためにまた借金を繰り返してしまう・・・という一瞬の快楽に似た感覚を覚えてしまうので中毒性が高いんですよね。



1度楽を覚えてしまうと、もう1度・・・あと1回・・・これが最後・・・とダメだとわかっていてもやめられなくなって気がつけば借金癖がついてしまい、返済できないほどの借金になってしまいました。


でもよく考えてみたら、夫が借金をしていなければ私は借金をする必要がなかったんですよね。


私が多重債務になってしまったのは、夫の借金が発覚した時の判断を間違えたのが原因です。


借金の肩代わりという1番してはいけないことをしてしまいました。


夫に借金が発覚した場合、1番いい方法は夫自身に借金の返済をさせることです。


家族だから・・・といって、借金の肩代わりをする必要はありません。


というか、肩代わりしてしまうと借金が増えるだけです!!

※返済の1部でも払ってしまったら肩代わりです!





夫の借金が発覚した時に妻がまずすることは・・・

・借金の総額
・借金の理由
・毎月の支払額


これを夫と一緒に書き出すことです。


そして、支払い分を夫がどうやって稼ぐか考えるだけ!


1つの仕事で足らないなら、仕事を掛け持ちすればいい。

2つの仕事で足らないなら、3つ仕事をすればいい。

夫が、支払い分稼いでくるのは当たり前のことです。


だって、夫の借金ですから・・・。



それが嫌なら、2度と借金をしないことですよね?


夫がしたことの尻拭いは、夫がしなければなりません。

妻が尻拭いをしてしまうと、夫の借金癖を治すことができないんです。




我が家の場合、最初に借金が発覚した時の金額は3,000万円もありました。

合わせて読んでください→「聞きたくなかった借金の総額」


家が1軒建つほどの金額に途方にくれました。


そして、返済で首が回らないのに従業員を雇って事業なんかしていたから、経費も給料も払えない状態で私名義で借金をする羽目になったんです。


従業員に給料が払えないのはいけない・・・と思って私が借金してしまったんだけど、ここで私が借金しなければもっと早くに事業をやめることが出来たとも思います。


そうしていれば、新たな借金が増えることはありませんでした。




3,000万円の借金は、元嫁や友人から借りたものを除くと1,000万円ほどでした。


その1,000万円の借金を債務整理して(時効になっていたものもある)230万円にまで減らしました。


でもこれは夫名義の借金です。

私が肩代わりしていなければこの230万円で済んだはずなのに、私名義の借金は430万円残っていました。

合わせて読んでください→「現在の借金事情と夫婦の関係」




夫の借金が発覚した時に肩代りさえしなければ・・・とどれだけ思ったかわかりません。


それ以上に、結婚する前に借金ことを知っていたら・・・と悔やまれてなりません。

でも、結婚前に借金を知ったとしても、この時の私はきっと肩代わりをしてしまっただろうからあまり変わらないですね。



今までは、私も仕事をしていたので生活費も私名義の返済もしていたのですが、私が肩代わりするのをやめて専業主婦になったので、夫が生活費と借金の返済をしています。

合わせて読んでください→「専業主婦になるまでのこと」



今現在の生活になるまでもいろいろとありましたが、債務整理をして金銭的にも精神的にも少し余裕が出来たので、最近は落ち着いた毎日を過ごしています。




家族だから・・・生活があるから・・・という理由で夫の借金を肩代わりしてしまうと、余計に家計が苦しくなるんだと身をもって痛感しています。


夫の借金が発覚しても絶対に肩代わりをしてはいけません!!


もし今肩代りをしてしまっている人がいるなら、即座にやめることをおススメします!



夫の借金は夫の問題



借金癖はなかなか治りません。

なので、肩代わりしてしまうと借金癖を治すチャンスもなくなってしまいます。


我が家の夫の借金癖が治ったわけじゃないけど、以前と違って聞く耳を持つようになりました。


これだけでもかなり進歩だと思っています。


まだまだ借金の返済は続くけど、この先2度と借金をしないために肩代わりするのをやめてよかったと思っています。


借金を肩代りしても、借金問題は解決しません。


肩代りするくらいなら、債務整理を一緒にしてあげるのが1番いい方法じゃないかと思います。





ポチッとしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村 
  

IMG_2717

最近ずっと動画配信にハマっているのでブログの更新が疎かになっています。

いつも韓ドラを見ていたのですが、K-POPが大好きな娘の影響で、最近話題になっている「Nizi project」を見始めたら止まらなくなってしまいました。

※Niji project(虹プロジェクト)・・・ソニーミュージックと韓国の大手事務所JYPエンターテイメントによる共同プロジェクト



朝の情報番組「スッキリ」でも特集が組まれていて、ネットでも話題ですよね。


私はあまりK-POPに興味がなかったのですが、虹プロを見ていたらすっかりはまってしまいました(笑)


この虹プロは公開オーディション番組と表現してしまうと味気ないのですが、アイドル誕生に興味がない人にもぜひ見てもらいたい!!


その理由は、誰がデビューできるかということよりも、虹プロのプロデューサーJ.Y.Park(パク・ジニョン)さんの言葉を聞いてもらいたいからです。


J.Y.Parkさんの言葉は、アイドルになるためのアドバイスというよりも、人としての在り方を表現している言葉が多くてドキッとさせられます。


オーディションの評価の中にも「人柄」という項目があるぐらいです。

どんなに歌やダンスがうまくても、人柄が良くなければデビュー出来ないという徹底ぶり!


スッキリの加藤さんも言っていましたが、本当にJ.Y.Parkさんの言葉を「名言集」として出してほしいと思うほどです。


練習生に対してのアドバイスも、頭ごなしにダメ出しをせず、考え方を押し付けず、練習生自身が自ら気づけるように言葉をかけるところも素晴らしいと思いました。


人は自分で気づいて納得したことしか聞き入れられないですからねぇ・・・。


立派な人柄を持ってほしい・・・と願うJ.Y.Parkさんの言葉は毎回心に響いてくるので、見るたびにどんどんハマってしまいます。



虹プロはデビューメンバーも決まり6月30日にプレデビューをしたのですが、J.Y.Parkさんの言葉がもう1度聞きたくてHuluで全話視聴できるので初めから見直してしまいました(笑)



夫にもJ.Y.Parkさんの言葉を聞かせたくて見るように勧めていますが、夫は頑なに拒否!

もったいないなぁと思います。



Huluでは虹プロもハマりましたが、韓国ドラマもたくさんあるので毎日飽きることなく楽しんでいます。


韓流バナー


特にハマっているのが、梨泰院クラスに出ている人気俳優パク・ソジュン♡


パク・ソジュンが出演しているドラマを全部見ようと思っています(笑)


韓国ドラマって、内容が似ていることが多いのになぜかハマってしまうんですよね・・・。


なんでだろう???


主人公が純朴で命がけで守ってくれるとか、運命の恋だったりとか、現実ではありえないような話なのになぜか心が奪われてしまうんですよね(笑)


愛に飢えているのかな私・・・。


すっかり忘れてしまっている「胸がキュン」とする場面が多いのも、ハマってしまう理由かもしれません。


借金に追われて荒んでしまった心が癒されているような気がするので、韓国ドラマを見る日々はこれからも続いていくと思います。



あ!

最後に報告ですが、4回目の振り込みは無事に終わりました。


何だか最近は、頭の中が韓国ドラマでいっぱいで返済のことを考えなくていいので幸せです(笑)



ポチッとしてもらえたらうれしいです♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村







hulu

IMG_2651

最近韓国ドラマにハマっているのですが、その韓国ドラマを見ているとどうしても夫の母親のことを思い出してしまいます。

と言っても、私は夫の母親(義母)とはもう疎遠になっていますが。

こちらも合せて読んでください↓ ↓
「記憶から消し去りたい義母のこと」



10年以上前のことですが、夫の不倫がきっかけで夫と義母は話し合いが出来ない宇宙人だということがわかり、心身ともに憔悴しきっていました。


とにかく、義母と夫とはまともに話が出来ない・・・。

夫の不倫を知っていた義母に、「妻の座にいるんだから我慢しろ」「借金を肩代わりするのは妻なんだから当たり前だ」と勝ち誇ったように言われる毎日。


「結婚してもらえたでしょ!」「妻の座を勝ち取ったでしょ!」と、私は義母の不倫相手の奥さんか?と思うほど、不倫された私がいつも責め立てられていました。


不倫されて、夫の借金の返済までしてるのになぜ私が責められるの?


この当時は、義母の言動の意味が全く解りませんでした。



義母は、夫を育ててきてやったんだから・・・と働かず(当時まだ50代)夫からお金をもらって生活していたのですが、借金の返済でお金が回らず生活費が渡せないと、私を罵って「私(義母)を働かせるつもりか?」と責め立ててきました。


夫と結婚したんだから、夫の母親の面倒を見て借金の返済もするのが嫁の務めだというのです。


毎日毎日こんな言葉ばかり聞いていると、私が悪いのか?という気分になってくるんですよね・・・。


何が正しいのか、どうしたいのかわからなくなって気が狂いそうになっていた時に、カウンセラーさんから「毒親」という言葉を初めて聞きました。



毒親とは・・・

毒親(どくおや、英:toxic parents)は、毒になる親の略で、と比喩されるような悪影響を子供に及ぼす、子どもが厄介と感じるような親を指す俗的概念である。

1989年にスーザン・フォワード(英:Susan Forward)が作った言葉である。学術用語ではない。
母の場合は毒母、毒ママ、父の場合は毒父等と称されている。
スーザン・フォワードは、「子どもの人生を支配し、子どもに害悪を及ぼす親」を指す言葉として用いた。「毒親」に関する議論は、親の「自己愛」問題が主な共通点であり、自己愛的な親について語られることが多い。





「毒親」ってすごい言葉だと思いましたが、ベストセラーにもなった毒親に関する書籍もたくさん読んで毒親についてわかってくると、毎日苦しくてもがいていた気持ちがだんだんと解放されていくようになりました。






とくにこの「毒になる親」のp.76~77に書いてある「干渉をやめぬ母」を読んだとき、義母がこのタイプに近いので心が支配されてしまっているんではないか?と疑問を持つようになりました。


義母は、夫と私が不倫のことでもめていると「私(義母)だけがこんな苦しめられている」と私の両親を罵り、

義母に生活費を渡せないと言えば「もう、知らない町の旅館にでも働きに行くしかないね」といい、

借金の返済のお金を渡せないと言えば、「もう、死ぬしかない」といい、

何か言えば「こんなにあなたたちのために一生懸命やっているのに・・・」「あなたたちのために・・・」と善意のお面をかぶってかわいそうな母の立場をとるので、罪悪感に苛まれてしまうんです。



夫や私に罪悪感を持たせてコントロールしてくるのは、義母の得意技でしたから・・・。



義母と話していると、

・なぜか悪いことをしている気分になる
・私が我慢しなくてはいけない気分になる
・私の考えがおかしいと思ってしまう


もう何が何だかわからなくて、見えない恐怖と罪悪感でいっぱいだったあの時の私は、この本を読んで罪悪感の正体がわかったのでホッとしたのを覚えています。


親のせいにしても何も解決しない・・・といわれることもありますが、誰が悪いかという犯人探しをしたいのではなくて、苦しくて苦しくて泣いてばかりだった毎日から一刻も早く逃れたかったんです。


私がおかしいわけじゃない・・・
私が罪悪感を持つ必要はない・・・


これがわかったおかげで正気に戻るきっかけになったので、毒親を知ったのは本当によかったと思っています。







罪悪感の正体が頭ではわかっても、すぐに心が反応してくれなかったので「毒になる親」に関する書籍をたくさん読みあさりました。



2冊3冊と読み進めていくともっと心が反応してくれるようになったので、苦しさはドンドン軽くなっていきましたが、思通りにならなくなった私への義母の攻撃は日に日に強くなっていきました。


夫は、私が義母から攻撃されても「俺がやったことじゃない」と取り合ってくれません。


それどころか、私を冷たい人間だと言うようになってきました。



罪悪感から解放されて次に考えたのは、「どうやったら義母から逃げられるか」でした。




 


この「毒になる姑」には、義母との問題を解決する方法がたくさん書かれていました。


特に、P.248~から書かれている「配偶者が味方になってくれないとき」の項目は、今の夫との関係になったことに大きく影響しています。


この当時は夫が私に味方をするなんてことは一切ありませんでしたが、今は少しだけ理解を示してくれています。


でも、どんなに話し合いを重ねても、理解しようと歩み寄ってみても、義母と分かり合えることはありませんでした。


分かりあうどころか、私に歩み寄る姿勢がみられると途端にコントロールが始まり、支配力を強化する一方でしたので話になりませんでした。


1番ひどかったのは、わたしたち夫婦が訪問すると知っていながら、夫の不倫相手を家に呼んでいたこと・・・。

私は夫の不倫相手の顔をよく知らなかったので初めは気づかなかったんですが、義母とその女の会話を聞いてるうちに気づいたんです。


ありえない!!!


その瞬間、義母との絶縁を心に誓いました!!!


義母はわざとその女を呼んで、私にその女が不倫相手だと分かるように会話をしていました。

そこにどんな意図があったのかわかりません。


でもどんな理由であれ、義母と関わっていたら私の人生が壊れてしまう・・・。


こんな人と分かり合う必要も、問題を解決する必要もない!!



「二度とあなたに会うことはありません!!」と義母に絶縁宣言をして家を出たのが、義母に会った最後です。



結果的に、夫が義母から離れることは出来ませんでしたが、私は義母との関係は解決しなかったので絶縁することになりました。


義母から離れないと、私たち夫婦の関係もやり直せないと判断したのもあります。



義母と絶縁するなんて・・・と事情を知らない人たちから後ろ指をさされるかもしれないけど、私の人生と、子供たちを守るのを優先しました。



私が義母と絶縁することで夫と離婚になってもいい!と諦めがついたのもよかったようです。


でもこのことがきっかけで、夫が少しづつ私の話に耳を傾けるようになってきました。


さすがに、不倫相手を家に呼ぶ行為は夫にも理解できなかったんでしょう。



この日以来、義母からの着信は拒否!

メールも無視!

突然の訪問も無視を決め込んで、会うことも話すことも拒絶して10年以上が経ちます。



絶縁してから罪悪感が全くなかったか・・・というとそうではありません。


しばらくは、やっぱりどこか心の片隅に罪悪感は残っていました。


今も、全く罪悪感がないとは言えないかもしれません。


でも、この毒親を知って解放されたことで、夫との関係も変化してきたので良かったと思うようにしています。





ポチッとしてもらえたら嬉しいです^ ^
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村 
 








↑このページのトップヘ