過去の借金のこと

IMG_1637
思い返せば私の人生、借金の返済ばかりしてる気がします(O_O)

夫のことを悪く言ってるけど、実は私も夫と変わらないんです。

ただ、夫よりマシだと思いたいだけ。

だけど現実は、私も相当な依存症だと思います。



初めてローンを組んだのは、社会人1年生の時に洋服を買った時でした。

すごく可愛いジャケットとセットアップを試着したのが不運の始まり。

店員さんにベタ褒めされてその気になり、月々5000円で買えるよ〜という甘い言葉に惹かれてしまいました。

総額は10万円ほどだったと思います。

断りきれなかったのもあるけど、どうしても欲しいという欲求に負けた自分の弱さが原因です。

洋服を着なくなっても、毎月5000円を払い続ける虚しさをここで体験したはずなのに、また凝りもせず、今度は新車を3年ローンで購入。

これは、私の承認欲求が強いことが原因です。

友達は皆、中古車を親に買ってもらっていたのですが、私は買ってもらえません。

私はこの時、誰に何を認めてもらいたかったのか謎ですが、とにかく新車を自分で買いたかったのです。

でも、200万円を超える新車を3年ローンで払うので当然生活は圧迫し、昼はOL夜はホステスへとよくあるパターンになりました。


この時は、四苦八苦しながらも完済しました。


そして最初の結婚後、元夫の転職により極貧生活になり同居を決断。

あろうことか同居するために夫の実家を建て直す事になり、今度は住宅ローンが重くのしかかる羽目に!

低所得の元夫と妊娠中で働けない私達の生活は同居する前より悪化して、この時初めてお金を借りました。


1度借りてしまうと、坂を転げ落ちるように借金を繰り返してしまうというのは本当です。

最初は恐る恐る1万円を借り、次の月無事に返済を終えると今度は3万円を借りてしまう。

また返せばいいや!と3万円が5万円になり、とうとう10万円を超えるともう歯止めが効きません。

気がつけば、限度額いっぱいの50万円まで借りていました。

その借金を背負ったまま元夫と離婚。

引っ越し代やアパート代等100万円を母に借り、シングルマザー生活は借金総額150万円からのスタートでした。

朝から夜中まで必死に働いて、この150万円も無事に完済!


完済後はキャッシングカードを破棄し、クレジットカードはキャッシングが0円の1枚だけ残してあとは解約しました。

もう2度と借金をしないと誓って・・・

しばらくは、ノン借金の生活で本当に楽しい毎日でした^ ^

でも、あんなに誓ったはずなのに。


夫と出会ってから、また人生が狂い始めました。


夫の見栄張りのせいで事業がうまくいかず、夫に手渡したお金はやっと貯めた貯金とキャッシングしたお金。

この時は借り入れだけで総額600万円ほどになりました。


これは、私が共依存なのが原因です。

この時の私の収入が多かったのと、1度完済してるからか、結構な金額が借りれてしまったんです。

そしてこの600万円も、自転車操業になりながらも意地と根性で完済!!


今度こそ借金なんてしないぞ!と固く誓ったはずなのに・・・


現在、債務整理をしている私がいます。


夫のことを責めてる場合じゃないですね。

私も依存症です。


ギャンブルはやらない。
アルコールも飲めない。
もちろん薬物なんて無縁。

なのに・・・


いつも借金返済に追われている私の人生は、いったい何なんでしょう?



借金が出来ない状態にするために債務整理をしたのもあります。


自分をコントロール出来ないから。


そしてもう1つは、夫が私の借り入れを当てに出来ないようにしたいから。



せっかく債務整理をしたんだから、このチャンスを逃さないようにしなきゃ。


もう借金返済に追われる人生なんてコリゴリ。



ポチッとしてもらえたら嬉しいです^ ^

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 

 

アヴァンスレディース

IMG_1464
借金の理由を夫は事業の失敗だと言っています。

確かに、傍目から見ればそうなのかもしれません。

でも、前妻の時に作った借金と、私と一緒になってからの借金の原因を見ると、事業の失敗は単なるきっかけってだけで、一番の原因は義母と夫の異常な思考と、ただの見栄張りでしかないと思っています。

異常な思考というのは、簡単に言うと「勘違い」なんだけど、これがめちゃくちゃなんです。


1番の勘違いは、自分達は特別な人間だと思っていること。


サラリーマンで人に使われるような人間ではなく、世の中の成功者と言われる人達よりも自分達は上の人間だ・・・と本気で言っていたから驚きです。


だから、どこかに就職する必要がないんだそう。


お勤めに行くのは、自分達がやるようなことではないんですって!


へぇ〜って感じΣ( ̄。 ̄ノ)ノ


今はアホらしくて相手にしていませんが、実は不倫や借金が発覚するまでは、こんなバカげた話を信じてしまったんですよね私。


神様の生まれ変わりだの、天皇家の血筋だの、有名人と知り合いだの、大手企業を成功させたのは自分だのと、どう考えても嘘だってわかりそうなもんなのに、バカな私は真に受けてしまいました。


本当バカ!



義母も夫も、こんな勘違いをしたまま事業なんてやるから、うまくいくわけありません。


志しなんてものは皆無で、ただ特別な人間だということを証明するために、成功しているかのように見せるための借金だったってこと。

資金も事業計画もないのに「すごい!」と言われたいがために会社を興し、「社長」と言う肩書き欲しさに従業員を雇い、収入も無いのに成功していると思われたくてブランド物で着飾り、高級車に乗って豪遊するなんて事をしていたらお金がいくらあっても足らなくて当たり前。


だから事業の失敗なんかじゃないんです。


なのに義母も夫も、こんな簡単なことがわかりません。


己を見ることが出来ないんです。


忠告してくれた人もたくさんいました。


でも、耳を傾けることはしません。


なんせ自分達は特別ですから!


借金の金額が、自分達の価値や評価だと思っているのでタチが悪いですよね。


今は、ようやくこの現実が理解できるようになったから振り回されなくなったけど、義母と夫の奇行には本当に悩まされました。





にほんブログ村 その他生活ブログ 明るい借金生活へ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

IMG_1445
夫の借金が発覚して、総額が3000万超あると知った時は途方に暮れましたが、私達にはもう払える金額ではないと思ったので自己破産を提案したんです。

だけど、何のプライドなのかわからないけど夫は頑なに自己破産を拒みました。

その時はもう、自営業もなんともならなくなっていて、借金が増えるばかりの毎日。

収入が入ってくるあてもないのに、借金を返していくと言う夫の謎の答えにイライラは募るばかりでした。


借金が発覚した時点で、私が夫に工面したお金はすでに600万を越えていました。

それでも減らない借金を、いったいどうやって返していくつもりなんでしょう?

夫と話していると、とにかく話が通じなくて怒鳴り合いになってしまうのが苦痛でたまらなかった。

私がおかしいのか?と思うほど、言葉が通じない。

一般的な、いわゆる普通の感覚が全く備わってない夫との話し合いは本当に困難でした。

優しく伝えてみたり、紙に書いて説明したり、激怒したり・・・

そんなことを繰り返して、最終的に自己破産はできませんでしたが、なんとか債務整理?をして、今は夫名義の借金の残高は230万円にまでなりました!

あくまでも夫名義の借金の話ですが(ー ー;)

今もまだ遅延しながら、それでもなんとか支払いをしている状況です。

ただ、借金が発覚した10年ほど前と大きく違うのは、お金の話になると夫が不機嫌になって喧嘩になっていたのが、今は普通に話ができるようになったこと。

これは、私たちにとって大きな進歩です。

本来なら普通のことですけどね^ ^







IMG_1440
夫の前妻との離婚の大きな理由は『借金』のようでした。



まだ再婚する前は嫌われたくないなんて可愛い気持ちもあって、理解のある女のフリをしちゃってたから、離婚の理由の詳細を聞かなかったのはマズかったと今になって思う。

それに、まさか借金から逃げているなんて想像もしなかったから、総額を聞いた時は驚きを通り越して唖然としました。

総額はなんと・・・!



3000万円を超えてる( ̄∀ ̄)



ありえん!!

バカじゃない?!


しかも、友人や前妻、前妻の親から借りたままトンズラしてるとは!(ー ー;)


こんな人本当にいるんだ・・・と、目の前でうなだれる夫を見て、自分の見る目のなさに呆れたのと同時に猛烈に怒りが湧き上がってきました。


何に対しての怒りなのかわからないけど、もう体中が震えるほどの怒りで訳がわからない!


今思い出すと、そんな夫に夢中になってたバカな自分に対する怒りだったのかもしれませんね。


この時はまだ自分が『共依存』だなんて知らなくて、ただただ「どうにかしなきゃ!」って思ってました。


いや違うな・・・


「私がなんとかしてあげなくちゃ!」って思ったんだあの時。




本当バカでした。


それと夫だけではなく、ずっと義母に対して違和感があったんだけど、義母は更に厄介な相手だったと気づいたのはこの頃からでした。


話があちこち飛んでしまって時系列もバラバラだけど、少しづつ書いていきたいと思います。




↑このページのトップヘ